戻る

バケツをひっくり返したような豪雨

2012.8.19 未分類

松山市内では、

今日の2時前のわずかな時間に、

雷とバケツをひっくり返したような豪雨にみまわれました。

事務所前の196号線は、

排水が間に合わず、川のようになっていました。

走る車は、タイヤの真ん中ぐらいまで浸かった状態で、

水しぶきが大人の背丈よりも高く上がっていました。

この道路で、こんな光景を見たのは始めてでした。

ヴォーチェでは、ちょうど着付け教室中、

事務所のある2階も排水管から雨水があふれて、

大変なことになっていました。

この後の、ご紹介のお二人は無事に来れるかどうか心配していましたが、

約束の時間頃には、雨も小降りになり、

無事に開始しました。

ご来店の皆さんに、

雷雨の時どうしてました?と聞くと、

家から出れず、予定をキャンセルした方もいらっしゃいました。

また、振ってない所の方もいらっしゃって、

あの雷雨が極地的だったことにびっくりしました。

雨がやんで、幾分暑さも和らいだのでしょうか!?

夕立毎に秋を感じる8月下旬です。

未分類
無料ユーザー登録はこちら 無料ユーザー登録はこちら
メニュー