戻る

わかりやすくて楽しい礼儀作法(服装)

2018.3.22 婚活力向上

1.服装について

服装が整えば、相手に対して礼儀を尽くしていることになり、それが相手の心に届きます。
第1印象は、この4つの観点で判断されます。

  • 目的に合っている × 目的に合っていない
  • 似合っている × 似合ってない

好感度順位は、

第1位:目的に合っていて、似合っている人
第2位:目的に合っていて、似合ってない人
第3位:目的に合っていないけど、似合っている人
第4位:目的に合ってもないし、似合ってない人

ちなみに、見た目(顔スタイル)が良くても、目的に合ってない人は、敬遠されます。

婚活で女性から不愉快だったという声の多くは、男性のセンスと清潔感の事です。

まず、目的別服装の紹介をします。

正礼装・(結婚式・表彰式の主役)・タキシード・ネクタイまたは蝶ネクタイ
準礼装・(結婚式にお呼ばれ)・デレクターズスーツ・ネクタイ
略礼装・(会社式典・結納・お見合い・目上の人に挨拶・依頼商談など)・スーツ・ネクタイ
よそ行き服・(初デート・旅行・デパートへ買物・目上の人からのお招き)・襟付きシャツ・上品なセーターなど・スラックス・キレイめのジーパン
普段着・(親しくなってからのデート・友達や同僚との約束・ショッピングセンター・キャンプなどのカジュアルレジャー)・ジャンパー・パーカーやTシャツ・ジーパンや短パン
部屋着・(自宅やコンビニに買物ぐらい)・ジャージ・フリース
寝間着

似合っているかどうかは、部屋着・寝間着以外は、お店の店員さんや家族、友達に選んでもらって決める事が大切です。自分だけの判断で選んではいけません。

VOCEでの新しい出会いの時は、堅苦しいお見合いではありませんので、よそ行き服になります。基準は、出会う女性のスタイルに合わせながら、自分らしさを取り入れることです。

自分らしさは、ヘアスタイルだったり、服の色だったり、眼鏡や時計、財布のようなアイテムです。そして忘れてはいけないのは、足元!靴には特に心を配りましょう。

婚活力向上
無料ユーザー登録はこちら 無料ユーザー登録はこちら
メニュー